歯科医の過剰問題とその対策

ホームへ戻る >  定期宅配と注文宅配  > 歯科医の過剰問題とその対策

歯科医の過剰が話題になることもあり、世間でも広く知られるようになっています。せっかく資格を取得したにも関わらず低収入の厳しい環境での仕事を強いられたり、クリニックを開業したのに経営が成り立たず破綻に追い込まれてしまうなど、業界全体の不安定化が懸念されています。


しかし歯科業界ではただ手をこまねいているわけではなく、さまざまな対策を行っています。重要なのは人々の需要を掘り起こすこと。以前ように虫歯になった患者がやってくるのを待っているだけではなく、より積極的に患者を獲得する方法が求められているのです。


では具体的にどのような対策が行われているのでしょうか。まず予防歯科の啓蒙。虫歯になってから治療に訪れるのではなく、定期的に訪れて口内の健康状態のチェック、メンテナンスを行うよう促すのです。虫歯になってからお金と手間をかけて通院するくらいなら数ヶ月に一度通院して健康な歯を維持したほうがよい、というわけです。

もうひとつの対策として挙げられるのが高齢者の需要の掘り起こし。とくに増えているのが訪問での健診・治療。寝たきりや遠距離の移動が困難な高齢者のために歯医者自らが出向いて治療を行うサービスです。治療を受けたくてもできない高齢者は決して少なくないでしょうし、長期的に利用してくれる患者として有望なのです。


こうした需要の掘り起こしを目指すことで過剰問題の解消を目指しています。これはわたしたち一般人の歯の健康にも関わってくることだけに、歯医者を利用したくなるような充実したサービスを期待したいところです。