定期宅配と注文宅配

ホームへ戻る > 定期宅配と注文宅配

いつでも冷水と温水が使える
歯科医の過剰問題とその対策
水で変わる蕎麦の味
海外で買う水の値段
マンホールの謎

水宅配サービスの多くは、「月~本」といった具合に宅配本数を決め、それを定期的に宅配するシステムと、それとは別に注文に応じて宅配を行うシステムの両方が用意されているのが普通です。少なくとも水宅配のランキングに載ってくるようなメジャーなところであれば両方を備えていると考えて間違いないでしょう。


まず定期的に配送される場合の利点は、わかりやすいでしょう。いつも使う水というものを切らさずにいようと思えば、気がついた時に頼むというより定期的に届けてくれたほうが確実です。特に水は毎日使うものだけにある程度一定速度で減っていきますので、配送の方も一定速度で届いてきたほうが良いと言えます。減っているのに気がついてから注文するというのでは、どうしても注文し忘れや量の見誤りで、使いきってしまうということが起きてくるでしょう。

それに組み合わせる形で注文配送もやはり便利です。長期連休でお客さんが泊まりに来るだとか、イベントに持ち出したいだとか、別の水も試してみたいだとかのイレギュラーな変化に対応させようと思えば、その都度注文して配送してもらうというのが便利です。


また、ランキングに載っている業者から面白いシステムをとっているところをピックアップしてみますと、定期購入+注文購入で月の利用本数が増えるほど単価が安くなるというシステムをとっているところもあるようです。これは例えば「その月で3本目以降の注文は~円に値下げ」という形で行われるようです。使う量が変動しやすい方は、こうした追加注文がどういった扱いなのか気にしながらランキングを見てみるのも大事でしょう。