気候や風土に合う家を建てる地元工務店

ホームへ戻る >  高温多湿の日本で建てる家  > 気候や風土に合う家を建てる地元工務店

静岡県と言えば、日本一高い富士山とライチョウで有名な南アルプスなどの3000mをこえる高い山が連なり、天竜川、富士川などの大きな川があり、うなぎパイや汽水湖で有名な浜名湖等の自然に恵まれた県であります。静岡県の人口は380万人であります。人口年齢別でみると年少人口は53万人、生産年齢人口は241万人、老年人口は86万人であります。平成20年度における静岡県の総住宅数は約160万戸であり、総世帯数は約137万世帯であります。これは平成15年度の調査より総住宅数で11万戸(7.5%)増加し、総世帯数で8万6千(6.8%)増加しています。

それに比べて総住宅数のうち居住世帯のある住宅の数は、136万戸で総住宅数の85.1%であり、空き家は23万戸となり総住宅数に占める空き家率が14.2%に上昇し、空き家が増加しています。一戸建て住宅は、89万戸で住宅全体の66%であり、前回より4万戸(4.7%)増加しています。静岡県で一戸建てを建てる方は古くからある大手工務店ではなく、地元の工務店を利用して建てる方が多く見られます。なぜならば、地元の工務店で建てた方が、その地の気候や風土に合った住宅を比較的安く建てられるからです。