ベットタウンで建てる一戸建て

ホームへ戻る >  高温多湿の日本で建てる家  > ベットタウンで建てる一戸建て

千葉県で家を探す人が増えています。千葉県は東京ディズニーランドがある浦安市をはじめ県庁所在地でもある千葉市、総武線沿線や京成線沿線など注目すべきエリアが数多くあります。便利な交通網と、都心部へのアクセスで一戸建てを選ぶなら船橋エリアがお勧めです。船橋からは、東京駅や新宿駅まで40分前後で行くことができ、通勤・通学には大変便利なエリアです。家というのは、一生に一度買うかどうかの大きな買い物です。周囲の環境も快適に生活が出来るかの、大きな要素になります。船橋駅前には「東武百貨店」「西武百貨店」、南船橋駅には巨大ショッピングモール「ららぽーと」や話題の大型インテリアショップ「IKEA」などもあり、千葉県内で一戸建てを考える人には人気のエリアといえます。

また最近、東京のベッドタウンとして発展しているのが津田沼エリアです。津田沼駅周辺エリアは平成19年度から土地区画整理事業が進み、駅から離れた住宅地では車が住宅地への進入を防止し、住民が安全に暮らすための都市道路が整備されています。一戸建てを中心とした中低層住宅主体の街づくりを目指し、建物の高さ制限を統一するなど新しい街づくりが始まっています。千葉県内でも東京に隣接した住宅都市として大きく発展したといえば浦安市です。ベイエリアの魅力ある街として注目されています。特に新浦安エリアでは500邸を越える一戸建ての大型プロジェクトも進行しており、これから子供を育てていく若い夫婦には人気があります。