高温多湿の日本で建てる家

ホームへ戻る > 高温多湿の日本で建てる家

ベットタウンで建てる一戸建て
気候や風土に合う家を建てる地元工務店
増築する際の手続き方法
東京へ通勤・通学できる場所
希望通りの外観や間取りを手に入れる

最近は、南欧風や北欧風など、何々風といった一戸建てが人気のようです。しかし、ここは、高温多湿で、暑さ寒さの季節がある日本ですから、地中海のようにはいきません。滋賀県で一戸建てを建てるなら、滋賀県の風土に合った一戸建てを建てることが、快適に暮らす大原則といえるのではないでしょうか。街並みについても、日本は、あまりにもばらばらです。このばらばらの理由としては、地元で生産される資材の利用について、あまり意識せず、積極的に取り入れる姿勢がないことや、値段や合理性ばかり注目してしまう傾向も影響しているのではないでしょうか。皆が、滋賀県の一戸建てに、滋賀県産材を用いれば、快適な一戸建ての暮らしが可能であり、環境面や経済面での効果も期待できるでしょう。

地元の資材を活用するということは、非常に理にかなった行動であるといえます。よい一戸建てとは何かを考えたとき、地元である滋賀県の工務店で、滋賀県産の資材を用いるということが、一番自然で効果的な方法であるといえるのではないでしょうか。滋賀県は、特に、県内でも地域によって気候風土が変化にとんでいます。滋賀県で一戸建てを建てるなら、そうした気候風土に精通し、細やかに対応していくことが必要です。