唾液の役割とは

ホームへ戻る >  審美治療と矯正治療の違いとは  > 唾液の役割とは

唾液の分泌は、食物をよくかんで食べることによって促進されます。唾液には食べ物の消化や吸収を助けるだけではなく、自浄作用や殺菌効果によって口の中を清潔に保とうとする作用があります。また、口の中のpHを中和することで虫歯になりにくくする緩衝作用があると言われています。他にも、食べ物をよくかむことは脳の働きを活性化させたり、満腹中枢を刺激することで肥満を予防したり、全身の健康状態をよくする効果もあります。よくかむことは、先述したほかにも、顔面やあごの成長を助けたり、脳への血流量が増え思考力が増したり、身体にとって良い事がたくさんあるのです。良くかむためには、歯の健康が大事です。定期的に歯科検診を受診し、虫歯予防を心がけるようにしましょう。

さいたま市は、2001年5月に浦和、大宮、与野の3市の合併により成立した埼玉県の県庁所在地です。現在では、岩槻市も編入して日本で10番目に多くの人口を抱える都市であり、新幹線をはじめ周辺各地の鉄道路線が集結する交通の要衝でもあります。インターネットでさいたま市歯科と検索すると、さいたま市にある多くの歯科が検索できます。その中でも、旧浦和市の浦和区、旧大宮市の大宮区にはたくさんの歯科医院が集中しているようです。