妊婦歯科検診

ホームへ戻る >  すくすく歯育て歯科検診  > 妊婦歯科検診

妊娠するといろいろな部分で母体が変化してきます。つわりを伴う場合や、妊娠高血圧症候群、腰痛、肩こりなど人によってその変化はさまざまです。

また、妊娠するとむし歯や歯周病など、口の中の病気も伴うことがあります。その理由としては、妊娠中は一度にたくさんの量が食べられなくなることにより、食事や間食の回数が多くなりがちです。そのために、むし歯リスクが高くなります。また、つわりで歯ブラシを口に入れることが不快になる人もいます。その妊婦のむし歯や歯周病を防ぐために、市町村において妊婦歯科検診というものを実施しているところが多くあります。妊婦が市町村より検診無料券などの券をもらい、歯科に直接予約を入れて受診する場合と、区役所などで集団で歯科衛生士や歯科医師による検診やブラッシング指導を行なうところもあります。

いずれにせよ、つわりがおさまった頃で体調の良い時を選んで受けるようにしましょう。また、お腹が大きくなると仰向けになることが難しくなりますので、お腹があまり大きくならないうちに利用するようにしましょう。



足立区では妊婦歯科相談を行っています。希望する場合には足立区保健総合センターに申し込みましょう。連絡先は足立保健所です。