すくすく歯育て歯科検診

ホームへ戻る > すくすく歯育て歯科検診

妊婦歯科検診
インプラントに力を入れる歯科医院
歯科医院で最先端のホワイトニングを
歯科医院による訪問治療
近年人気が出てきたインプラント治療とは

東京都葛飾区とは東京の北東の端にあり、千葉と埼玉の二つの県に接する区であります。江戸川、中川、荒川が流れています。

葛飾区は1923年の関東大震災以降、宅地化や工業化が始まり、農業は減りました。化学、機械などの工業が発達していますが、一番有名なものが金属玩具であります。金属玩具は輸出用としても盛んであります。その葛飾区では珍しい事業があります。

「すくすく歯育て歯科検診」というものです。一般的に乳幼児の歯科検診は1歳6カ月児検診の時と3歳児検診の時に多く行われますが、すくすく歯育て歯科検診はむし歯の急増する2歳~2歳2カ月のお子さんとその母親を対象に実施しています。お子さんとお母さんの両方に歯科検診を実施し、お子さんにはフッ素塗布を、お母さんには歯のクリーニングを行なってくれます。

母親も対象となるのは珍しく、子どもだけが対象であればあわてて受診しないものも、自分の為にもなるということで受診する割合は高いです。その後のケアとしては、2歳6カ月から8歳の方と保護者を対象に歯に関する講演会や歯の悩み相談、歯磨き指導とフッ素塗布も行っていて、子どもとその母親に対する歯の健康管理に熱心な区であります。