歯科医院でいつまでもちゃんと食べられる歯を

ホームへ戻る >  歯周病の治療にはインプラントが有効か?  > 歯科医院でいつまでもちゃんと食べられる歯を

歯科医院などに行くと8020という数字を良く目にすることがあると思います歯科医院などに行くと8020という数字を良く目にすることがあると思います。

これは親知らずを除く28本 の歯のうち、少なくとも20本以上自分の歯があれば、 ほとんどの食物を自分の歯で噛みくだくことができ、 おいしく食べることができるからです。つまり、80歳になっても20本以上自分の歯を保ちましょうというのが、その主旨です。できるならむし歯や歯周病で歯を失うことがないようにしたいものですね。

いつまでもおいしいものをちゃんと食べられる歯を保ちたいものです。新橋歯科とインターネットで検索するとたくさんの新橋駅周辺の歯科医院があります。新橋の土地柄、地元の人だけでなく、仕事帰りの人の通院も多いと思われます。その中の一軒に歯周病治療に力をいれている治療院がありました。歯周病は成人の8割が罹患しているといわれる生活習慣病の一つで、成人以降の抜歯の原因の多くは歯周病の進行によるものなのです。



厚生労働省の歯科疾患実態調査によると、統計的に60才代で10本の歯が喪失しています。歯周病は、徐々に病変が進むことが多く、歯科医院を受診した時にはすでに重症になっていることもあります。歯周病の治療に力を自分の歯を健康に保つために定期的に歯科検診を受診しましょう。