歯周病の治療にはインプラントが有効か?

ホームへ戻る > 歯周病の治療にはインプラントが有効か?

地元の歯科医院がおすすめ
地域に密着した信頼できる歯科医院
歯科医院でいつまでもちゃんと食べられる歯を
予防歯科
秋葉原の歯科クリニック

歯周病歯周病は、あなたの歯を支える歯茎の感染病です。あなたの歯肉組織は見た目ほど歯と完全に付いているわけではありません。


歯と歯茎の間には、溝と呼ばれる非常に浅いV形をしている割れ目があります。歯周病は溝の歯肉線のすぐ下を攻撃します。そこでは、歯とその支持組織が病気になってします。組織が破損されると、溝はポケットへと悪化していきます。


一般に、病気が重ければ重いほど、ポケットの深さは、より大きくなります。病気の重さに従って、2つに分類されます。

それは2つのステージがあり、歯肉炎と歯周病と呼ばれています。


歯肉炎は、歯茎に影響するだけで、より温和でリバーシブルな歯周病です。歯肉炎は歯周病とより重大で、破壊的なフェーズとなります。


いくつかの原因が歯周病を更に悪化させます。


・喫煙

・糖尿病などの全身性疾患

・薬物療法のいくつかのステロイドや、何人かのタイプの反てんかん薬や、カルシウムチャンネル遮断薬や経口避妊薬など

・曲がっている歯

・欠陥があるようになったブリッジ

・経口避妊薬の妊娠か使用


があります。歯を失った場合、入れ歯やインプラントなどの治療法もありますので、まずは歯医者に行ってみることが重要でしょう。